盛岡西リーグ所属 上田バンビーズ

【上田バンビーズについて】 

上田バンビーズは盛岡市松園地区で活動している硬式少年野球チームであり、創立1975年1月と歴史あるチームです。

 

バンビーズ三つの誓いがあり、野球を通じて成長できるチームを目指しています。
① 知っている人に会ったら、あいさつをする
② 親の言うことを聞く
③ 人のいやがる仕事でも自分から進んでやる

 

リトルリーグは、アメリカで生まれたことから、新年度は9月からスタートします。入団は、少年少女問わず未就学児から可能で、中学1年生の8月に卒団となります。
上田バンビーズでは、年齢ごとに3つのレベルに分けることにより、安全で効率のよい選手育成を行っています。

 

(1)ジュニア(~小学校2、3年生)

基本的にルールはリトルリーグに準じていますが、ティーボール専用球(硬式球の様な外観で表面が柔らかいボール)を使用します。ピッチャーがボールを投げて打つのではなく、専用のティースタンドに乗せたボールをバットで打つというルールです。ボールがやわらかいため危険性も少なく、野球をはじめたばかりの子供や低学年の子供には最適です。野球に馴染むこと、楽しむこと、基礎技術を学ぶことに主眼を置いています。


(2)マイナー(小学2、3年生~小学5年生の8月まで)

メジャーと同様に、リトルリーグのルールに準じて行います。ただ、大きな体格差があるメジャーの選手たちと一緒にプレーすることはなく練習や試合の相手はいつも同学年の子供達なので、投げる球や打球はメジャー選手程速くなく安心です。

投げ方、捕り方、打ち方、走り方など、野球の基礎技術習得に主眼を置いています。

 

(3)メジャー(小学5年生の9月~中学1年生の8月まで)

リトルリーガーの最終目標となる大会が、毎年7月に開催される「全日本選手権大会」です。

毎年5月に「岩手県大会」が行われ、上位2チームが毎年6月に開催される「東北連盟大会」に出場できます。

この「東北連盟大会」で上位2チームに入ると、リトルリーガーにとっての“甲子園”である東京都江戸川区球場で開催される「全日本選手権大会」に出場できます。そして、「全日本選手権大会」で優勝すると、毎年8月にアメリカ・ペンシルベニア州ウイリアムスポートで開催される「世界選手権大会」に出場できます。